2007年05月13日

なぜ痴漢えん罪は起こるのか

なぜ痴漢えん罪は起こるのか―検証・長崎事件


なぜ痴漢えん罪は起こるのか―検証・長崎事件


100円棚で発見。

痴漢など、冤罪シリーズは結構高値で売れているものが多いのです。
同じ現代人文社の冤罪シリーズは何度か扱かったことがあります。

さすがに普段は100円棚には無いシリーズで
整理など処分に意味合いがあったのか?
即仕入れ、即売却に限ります。

出品の2日後売れました(売値600円)


商品の説明

内容(「MARC」データベースより)
最近、混雑した電車の中で痴漢と間違われ有罪とされる事件が増えている。痴漢えん罪が後を絶たないのはなぜか? 原因には共通したものがある。97年に起きた痴漢えん罪事件・長崎事件を検証しながら、その原因を考える。


商品の詳細

単行本: 63ページ
出版社: 現代人文社 (2002/02)
ISBN-10: 4877980725
ISBN-13: 978-4877980726
商品の寸法: 20.6 x 14.6 x 0.6 cm


冤罪(えんざい)とは、捜査や裁判の過程に問題が指摘されている刑事事件、およびその捜査・裁判の過程の問題を広範に意味する言葉。「無実であるのに犯罪者として扱われること」を指し、推定無罪の原則からすると、裁判において有罪とされ、この判決が確定の場合に限るべきである。日本では、起訴有罪率の高さから、「起訴された」イコール「犯罪者」と認識されやすく、裁判の結果無罪となった場合も冤罪と呼ばれるが、本来は誤用と言うべきである。

原因
冤罪が生じてしまう原因は多々あるが、古くから問題とされてきたのは捜査機関をはじめとした国家によって作られる冤罪である。捜査機関が、行き過ぎた見込み捜査や政治的意図などから、ある人を犯人に仕立て上げてしまうという類型である。日本の刑事訴訟法旧法に見られたような、裁判における“自白は証拠の王”と見做す考え方が、真実の裏づけを後回しにした自白獲得のための取調べを招き、虚偽自白を誘引することによって冤罪が発生する。特に科学的捜査方法が確立される以前には捜査能力の限界から、先入観をもった捜査による冤罪が発生する可能性が高かったが、科学的捜査方法が導入されたあとも冤罪がなくなったわけではない。日本には現在でも代用監獄と呼ばれる近代国家としては極めて特異で問題が大きいとされる取調べ体制が公的に存在しており、司法当局の求める自白を容易に引き出される危険が大きいことが強く指摘されており、冤罪の温床となっている。また、こういった捜査機関の暴走を引き起こす遠因として、着実な捜査よりも速やかな容疑者の逮捕などを求めるマスメディア報道や、そういった誘導に引きずられる国民世論などの問題も指摘されている。

捜査機関以外の私人の行為が原因となって冤罪が発生する場合もある。例えば、真犯人が自分の刑を軽くするために、他人に罪をなすりつける(梅田事件等)ことがある。

また冤罪に対する補償の低さも問題で、(捜査、起訴の違法性を補償の要件としない)刑事補償法においては拘束1日につき1000円〜12500円(金額は補償請求を受理した裁判所の裁量により決定される)しか認められない。これは、仮に10年服役しても約365万円〜4566万円しか補償されないということである。最高では年450万円超となるとはいえ、それは捜査機関の故意による冤罪、死刑囚拘置など、最悪の条件が重なった場合の話であり、その場合でも24時間拘束であることを考慮すれば、最低賃金を下回る『時給』であり、充分な補償とは到底言い難い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by せどり日記 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アマゾンで売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90190724

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。