2007年04月25日

公立小学校の挑戦―「力のある学校」とはなにか

公立小学校の挑戦

公立小学校の挑戦―「力のある学校」とはなにか

100円コーナーで発見。(売値300円)

定価が安い本は結構悩むところで
さほど利益が望めませんが
ランキング上位でもあり薄利でも購入。

この手の本の一番の長所は送料が安いこと。

クロネコメール便で80円で発送できるので
送料の差益の恩恵を受けることが出来ます。

たとえ1円で売れたとしても
プロマーチャント(大口出品者)登録していれば
100円以上の利鞘を得ることが出来ます。



小学校は、日本において義務教育が行われている学校の1つであり、4月1日に満6歳である人が入学(就学)し、修業年限(卒業までに教育を受ける年数)は、6年である。卒業後は、中学校や中等教育学校などに進学することになる。小学校と同等な課程に特別支援学校の小学部があり、就学児健診で特別支援学校が適切と判定された場合などにおいてはそれらの学校に就学する。未熟児や病弱などの理由で就学猶予が許可された場合は、1年以上経過したのちに就学する。

1872年(明治5年)の学制発布で始まった日本の近代教育制度において、初等教育は、当初、尋常小学校という名称の学校で行われた。また、1941年(昭和16年)4月からの初等教育は、国民学校という名称の学校で行われた。国民学校には、6年間の尋常科のほかに、尋常科を修了した者が進学できる修業年限2年の高等科の制度が設けられていた。国民学校の尋常科は、1947年(昭和22年)4月1日の学校教育法の施行とともに順次廃止され、新制学校である現在の小学校に移行した。

小学校は本来は読み書き計算などの教育をする場であるため、本来は文字は小学校に入ってから学ぶことになっているが、大部分の子供はひらがな程度は読める状態で入学する。また教員もそれを前提で授業をする場合が多い。

小学校を取り巻く環境の変化

高度経済成長期の小学校は、いわゆる少子化の時代を迎える以前で、児童の人数も多く、一定のエリアにほぼ必ず存在する公的施設として、地域家庭との密接な関係をもとにした社会の基本的なインフラとしての役割を果たしていた。その内容として校庭や学校施設の積極的な地域への開放などが進められてきた。

しかし、最近では、社会から学校を守る、あるいは社会と学校の間の距離感を適切にコントロールすることに保護者や社会の関心が移らなければならない状況にある。

その背景には、学校への侵入や登下校に際して児童が犯罪に巻き込まれるケースが目立つようになったことや、広い意味でのプライバシーの意識の高まりが挙げられる。1つの例としては、小学校にパーソナルコンピュータが広く導入されたこともあり、小学校などの各学校のホームページなどによる情報公開は一般に拡大・充実の傾向にあったが、近時はむしろ公開すべき情報を限定する方向に動いている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by せどり日記 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アマゾンで売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90190723

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。