2007年04月19日

難民判例集



難民判例集

100円棚で発見しました。
この手のものは値打ちがあると直感。

誰も出品者がいません!
アマゾンの出荷状況も「3〜5週間以内に発送」と
好条件を満たしています。
(当然ランキングもチェック。30万と悪くない)

即日売れました。
1000円でしたので値付けが甘かったかと思いましたが
これも勉強のうちですね。

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)
難民認定制度発足以来の大幅な法改正に至った平成13年から16年6月にかけての難民についての裁判例を中心に概観し、特に重要と思料される裁判例の判断の内容について紹介、検討を加える。

商品の詳細

単行本: 99ページ
出版社: 現代人文社 (2004/10)
ISBN-10: 4877982310
ISBN-13: 978-4877982317


難民(なんみん、英:refugee)は、
戦争、宗教や民族対立などの理由だけでなく天災や貧困、飢餓などの理由で住む場所を追われた人々を指す。しかし現在の国際法においては紛争や政府の弾圧など迫害を受けるものに対する救済の義務が立法化されているため、狭義の政治難民を難民と呼ぶ。

「難民の地位に関する条約」(難民条約)の対象の難民は、「人種・宗教・国籍・政治的信条などが原因で、自国の政府から迫害を受ける恐れがあるために国外に逃れた者」とされている。これは政治難民(英:PoliticalRefugee)と呼ばれる。しかし難民のもともとの定義は政治に限定されているわけではない。歴史的には天災、飢餓や伝染病、国内外の紛争から逃れるために住む場所を追われた者が難民(もしくは流民、英:displaced person)の多数を占めた。

裁判(さいばん)とは、裁判所(訴訟法上の裁判所)が訴訟その他の事件に関して当事者に対して示す判断の内、法令によって一定の効力が与えられているものを言う。具体的な制度は個々の主権国家において様々であり、以後本項では、日本の例について記す。

一般的に裁判にはたくさんのお金と期間がかかると思われているが、刑事事件の裁判それ自体には一銭も費用はかからない(訴訟費用については別)。

憲法第32条に「何人も、裁判所において裁判をする権利を奪われない」とある。 裁判は権利であり被疑者の経済事情に関わらず行使できるということである。

ただし、弁護士を呼ぶ場合は当然、費用がかかってくるが、死刑若しくは 無期・3年を超える懲役・禁錮にあたる事件でなければ、弁護士を選任する義務は無い。

実際には、被疑者が希望しなくても裁判を円滑に進めるために、国選で弁護人が付く場合が多いが、この場合、弁護費用は国費から支出される。

尚、いわゆる有罪になったとき(犯罪の証明があった結果、刑の言い渡しがなされるとき)には、被告人は訴訟費用を負担しなければならないが(刑事訴訟法第181条1項)、裁判確定後20日以内に訴訟費用執行免除の申立てをすることができる。(刑事訴訟法第500条)。

期間に関しては、難しい事件をとことん争って上位の裁判所に控訴・上告と進んでいく場合には長くかかるが、たとえば交通違反などの軽微な事件はそんなに時間をかけようがない。

1回目の公判で、被告人が罪を認めれば、1時間ほどで終了、2週間ほど後に判決を言い渡す公判があり15分ほどで閉廷する。 また、被告人が有罪であることを自認し、かつ、弁護人がつくことを条件として、即決裁判手続によることができ、この場合、審理は原則1回、開廷から30分程度で終了し、原則として執行猶予付の判決が言い渡される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by せどり日記 at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アマゾンで売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90190722

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。