2007年03月30日

かんたん!使える!ビジネス英会話

かんたん!使える!ビジネス英会話―電話・来客の応対、商談、海外出張などのビジネス英語がよくわかる

かんたん!使える!ビジネス英会話―電話・来客の応対、商談、海外出張などのビジネス英語がよくわかる!!


家にあったいらない本の処分中です。

う〜ん、最初はためになると思ったのですが
使わずにしまってありました。
英会話はやる気になってもそうは続きません。

でもやる気になることはいい事で
ムダになったとはいえ、この気持ちを否定することは
自分を否定すること。

多少のムダは自分への投資なのだと。
(売値300円)

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)
ビジネス会話と日常会話の異なる部分を取り上げ、独特の言い回しや知らないと使えない単語などを紹介。様々な場面別に必要な英会話、レターのフォーマット、マナーなどもあわせて説明する

(Amazon.co.jp より引用)


◎この本を見るとNHKで放送していた
「ビジネス英会話」を思い出します。


ビジネス英会話(びじねすえいかいわ)は、日本放送協会のラジオ第2放送で、月〜土の23:15〜23:30に放送されているNHK各国語学講座である。月と火、水と木、金と土は同内容の週3レッスンである。再放送は、日の11:00〜11:45に1週間の3本分をまとめて放送している。

この番組の前身である「やさしいビジネス英語」は1987年4月に始まった。当初は、月〜土の22:40〜23:00(再放送は日の11:00〜13:00)で、放送内容は毎日異なるものであった(10月から翌年3月までは、4月から9月までの再放送)。そのときの講師は杉田敏で、番組が終了する2002年3月まで15年間に渡り講師を務められた。
2002年4月にNHK各国語学講座の再編が行われ、番組名が「ビジネス英会話」となり、放送時間も月〜土の22:40〜22:55に短縮されるが、講師は引き続き杉田で変わらず、内容も毎日異なっていた。
2003年3月に、杉田は両番組を通算して16年続けた講師を一旦辞めることになる。
2003年4月からは、明星大学の教授である田中宏昌を講師に迎える。このとき放送時間が月〜土の22:45〜23:00に変更となり、放送パターンも月と火、水と木、金と土は同内容の週3レッスンといった現在のスタイルに変化する。
2004年4月には、慶應義塾大学講師の日向清人が講師となる。アシスタントは松下クリスとジャック・マルジ。このときの内容は、大学教養課程などに見られるいわゆる「ビジネス英語」の講座を会話に重点を置いて再構成したようなもので、杉田氏の講座とはやや方向性が異なるが、番組名通りの内容。日向には法律事務所勤務の経歴があり、そのためか法律・会計方面が手厚い内容であった。リスナーの反応としては、その実践的な内容を支持するものと、杉田の講座のような時事英語の要素を期待して物足りなさを訴えるものとに分かれたようである。なお、日向は自身のBlogの中で多様なNHK批判を繰り広げており、必見(外部リンク参照)。
2004年10月より、再び杉田が講師(アシスタントは松下クリス女史)となり現在に至る。
2006年4月より放送時間が現在の時間に変更となった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by せどり日記 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アマゾンで売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。